為替オプション

為替オプションには一体どれほどの種類があるのでしょうか。色々な為替オプションについて紹介しているので、関心のある方にぴったりのサイトです。

トップページ >

為替オプションとは

為替オプション

為替オプションという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
為替オプションは、別名をカレンシーオプションともいいます。
為替オプションとは、権利行使期間に権利行使価格で、ある通貨を買ったり売ったりする権利を売り買いする取引を指しています。
この為替オプションは、1980年代前半ごろから扱われるようになった取り引きです。
リスクヘッジや利鞘狙いに利用することができるため、取り扱いは大きくなって市場規模は拡大していて、現在では外国為替のマーケットで重要な位置を占めています。
為替オプションは、通貨を買ったり売ったりする権利を売り買いする取引であるため、通貨の受け渡しはありません。
スポットやフォワードなどの外国為替取引は売買した通貨の取引を行うものなので為替オプションと違うものです。
オプションの権利を購入した側は、この通貨を売買する権利を行使するかを自由に決めることができます。
為替オプションの販売者はオプション料を得ますが、売却した権利が行使された際にはそれを実行せねばなりません。
外国為替市場においては、通貨オプションが満期となる日時と市場があらかじめ決められています。
満期となり締め切られる時間は、オプションのカットオフタイムと言われます。
このカットオフタイムの前後のタイミングで、マーケットではポジション調整が行なわれるため、為替レートが大きな動きを見せることがあります。

為替オプションに向いている人

為替オプション

為替取引にはいろいろな種類がありますが、為替オプション取引はどのような人に向いているのでしょうか。
外国為替を取り引きする一般的な商品(FX取引など)であれば、チャートなどを使って何時間も相場の値動きを見ておく必要があります。
相場の値動きをチャートなどで長い時間ずっと見ておかねばならないのですから、仕事で忙しい人などの場合、取引きに参加すること自体難しくなってきます。
為替オプションはそれなりの知識があればよく、また、一番の利点として相場に常に張り付いていなくても良いという特徴があります。
為替オプションの場合、システム面での細かい差異はありますが、基本的に面倒な作業は不要です。
為替オプションで必要な作業は簡単です。
判定時刻となった時に、為替のレートが取引きの開始の時点と比べてどう変わるかを選択するだけなのです。
為替の細かい値動きなどは関係ありませんので、忙しい人に向いている取引なのです。
あまり取引時間を取れない人であっても、朝と晩に少しずつ時間を取ることができれば、取引と結果の確認ができます。
会社によっては平日だけでなく週末に取引きすることが可能なので、週末にしか時間が取れないようでも大丈夫です。
為替オプション取引の場合、為替のレートが高くなるか安くなるかを予測することになります。
外国為替証拠金取引の場合、それに加えてポジションの売買のタイミングも重要になります。
たとえ為替レートを予測できたとしても、売買タイミングを逃してしまうと利益を上げるのは難しいのです。
為替オプション取引は、レートの予測はできても売買タイミングをつかむのが難しいという方に向いているといえます。

為替オプション取引の注意点

為替オプション取引は初心者にもわかりやすいシンプルな取引で人気があります。
仕事などで多忙な場合であっても取引きできるため、多くの人が参加しています。
利点の多い為替オプションですが、もちろん欠点も存在します。
株式投資や外国為替証拠金取引の場合、投資した全額を失うということはありません。
銘柄やポジションを途中で手放すこともできるため、損失を小さく抑えることもできるほか、買い戻しによって利益を得ることさえできます。
一方、為替オプション取引の場合、予測が外れたときには投資した資金の全額が没収されます。
すごく分かりやすい仕組みとなっていますし、大きな損を出さないための方法も簡単です。
投資する金額を少額にすればいいのです。
ただし、その分利益も小さくなってしまう点にも留意しましょう。
為替オプション取引の場合には取引開始時点で最大利益額と最大損失額が確定しています。
ペイアウト倍率(投資に対する利益割合)が1..8倍の取り引きに参加したとします。
投資額を5,000円とすると、予測が当たれば9,000円が手元に戻り、業者は手数料として1,000円を得ます。
予測が外れた場合は5,000円の損となります。
為替オプションは原理的に当たるか外れるかですが、それでも勝率50%では手数料のために利益にならないことになります。
為替オプションで利益を出すには、50%より高い勝率を出さねばなりません。
為替オプションの取引は仕組みがシンプルでリスクが限定されているため、のめり込みには注意が必要です。
為替オプション取引をやるのであれば、のめり込みを防ぐために2つのことを決めておきましょう。
どれぐらいまで投資をするのかと、どれぐらいまでの損失を見込むのかということです。

為替スワップとは

外国為替取引には直物と先物の取引以外に、スワップという取引形態があります。
外国為替のスワップ取引とは、一体どんなこともを指すのでしょう。
スワップ取引は外国為替取引の中では最も多く、全取引量の50%に相当すると言われているようです。
スワップ取引を行う場合、複数の取引を合わせて同時に行います。
同じ先物でも期日が違うものや、直物と先物など条件の違う物同士となります。
もとは、スワップ取引を行うことで外貨を得るという利点がありました。
例えば、日本円と米ドルでのスワップ取引を考えてみます。
2営業後にドル買い円売りの取引を行う場合を考えると、2日後にドルを買い、代価として円を支払っていると考えることができます。
今度は資金決済日が1か月先のドル売り円買いの取引の期日が来ることになり、ドルを支払い円を受け取ります。
期間を区切ってドルを持っていたいという場合、このような取引が意味があります。
この時の、通貨ごとの金利を考えてみてください。
円の金利が1%、ドルの金利が6%なら、金利差ぶんを得したことになります。
金利ぶんは、スワップ取引の中で調節できるよう金額が設定されています。
高い金利を手放しても、金利差ぶんの損が出ないようにしているわけです。
スワップ取引では、金利ぶんの差をスワップポイントと呼んでいます。
スワップ取引では売り取引と買い取引を一緒に行うため、レートの変動による影響を小さく抑えられます。

為替スワップポイント

為替のスワップ取引というものがあります。
外国為替取引の形態の1つで、決済日が自動的に延長されるのが特徴です。
スワップポイントというものがあることが、スワップ取引の特性です。
どういったもののことを言うものなのでしょうか。
スワップ取引を行った場合、為替間の金利差が発生します。
より高金利の貨幣を保有している間は、その金利分の利益も得られるわけです。
ドル円でスワップ取引をした場合、金利の差がスワップぶんとして調整され、ポジションを持ちこす形になります。
スワップ取引によって発生したもう片側の金利は埋め合わせられることになり、保有資産に組み込まれるということになります。
ロング買いによってスワップによる小さな利益を確保したいという個人投資家も大勢いるようです。
なぜ金利が高かったり低かったりするかも含めて検討してください。
優良企業は一般的に銀行から安い金利でお金を借りることができますが、反対の企業は高い金利を支払わなければお金を借りるのは不可能です。
為替レートと金利の関係も、それと同じものです。
金利が高い通貨は欲しがる人が減って、結果的に通貨の価値が下がります。
自分自身の体力があるうちは川の流れと反対方向に泳ぐことも可能ですが、体力がなくなれば流されてしまいます。
高い金利にひかれて通貨を買い、長期的にうまくいかなかった例もあります。
外貨の取引で利益を得るためには、漫然と高金利通貨を保有するのではなく、スワップポイントと金利の仕組みを理解することです。
為替を扱う時には、スワップ取引に関する知識が必要になります。

為替スワップポイントの注意点

為替スワップポイントとは取引を行った場合の2つの通貨の金利差のことです。
二つのことを知ることで、スワップポイントのことがよりわかるといいます。
スワップポイントは、通貨の金利差によって生じるものであるということがまず重要です。
つまり、通貨の金利が変わることによって、スワップポイントも変動します。
日本の金利は随分と長い間ゼロからの横ばい状態ですが、ドルの金利がそれ以上に下がったら、スワップポイントは現在と正反対にドルを売って円を買った時につくようになります。
金利の高い通貨を持ち続けることでスワップポイントをもらい続けようと思っても、金利差が逆転してしまったらスワップポイントが入らなくなってしまいます。
スワップポイントは、取引額に応じて決まります。
そのため、レバレッジに対して注意をしておくことも、見逃せない点であるといえます。
5万円預けて1万ドルのドル円の買いポジションを持ち1年間維持した場合、スワップポイントの金利水準が変化しなかったとすると5万円以上になります。
スワップポイント的にはプラスになるように見えますが、レバレッジが高ければそれだけ含み損に耐えきれませんので、数円でも相場が下がれば、取引が強制終了されてしまうでしょう。
数円しか余地がない中で、1年間同じドルを保有し続けることは、ほぼ無理だといっていいでしょう。
損が大きくなったと感じてきたら資金をふやすという方法もありますが、レート変動は推測を越えることもあります。
為替レートの変動に伴う取引の損や得のほうが、スワップポイントより膨らむことが多いようです。
長期的に外貨を保有することでスワップ益を取りたい場合は、為替変動にも耐えられるよう、レバレッジを高くしすぎないようにすることが大事です。

サイトメニュー



Copyright (C) 2018 為替の見通し方法の種類や気をつけておくべきこと All Rights Reserved.
↑先頭へ