推移予測

今さら聞けない推移予測についての知識を紹介しているHPです。このサイトを活用して推移予測について詳しくなりましょう。

トップページ >

為替相場の推移予測

推移予測

為替相場の推移予測をFXで勝つためにはしなければなりません。
為替の推移状況を把握することは、FXをするに当たっては重要です。
FXをする人は年々増加しています。
ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という為替の分析方法によって、推移を読むやり方があります。
為替相場とは、通貨の需要と供給に応じて決まるものであるという前提がファンダメンタルズ分析の大もとです。
為替の推移を予測する際に、経済のファンダメンタルズ分析で需要が影響を受けているという視点を利用します。
経済活動の前提が、ファンダメンタルズと位置づけられています。
経済成長率や金利水準、国際収支、失業率といった経済指標で表すことができます。
つまり通貨を発行する国の経済的な基礎体力です。
為替の相場は、必ずしも経済指標の内容と合わせて動いているわけではありません。
しかし、常時変わっていく為替は、経済の動きと切っても切れない関係にあります。
為替相場は、物価上昇率の影響を受けているという考え方もあります。
物価上昇率が上がると、通貨の価値は下がっていきます。
通貨自体の価値が下がれば、他国と比較しての相対的な価値も下がり、為替に影響します。
物価上昇率があまり高くなければ通貨の価値は変わらず、物価上昇率が高ければ通貨の価値が下がります。
為替がどのように推移するか、各種の経済指標に注目しましょう。

為替相場推移の見方

推移予測

為替相場の推移を予測することはFX取引をしている人にとって非常に重要になってきます。
どのような推移をたどっていくかを知るためには、為替の動きに関するある程度の知識を持っておくことです。
絶えず変動しているのが為替相場の特長です。
為替の推移に影響を及ぼしているものについて、情報分析をするスキルが必要です。
為替レートの推移をグラフ化し、そのグラフから将来的な流れを読み取るという方法もあります。
この方法にも様々なやり方があります。
箱の中に押しこめられているように、為替レートが一定数字の範囲内を動いている状態をボックス圏といい、動きに乏しい状況をいいます。
ポイントは、上値と下値の範囲を見極めることにあるでしょう。
フラッグ型というのはボックス相場に近い形で相場が推移し、抵抗線や支持線を突破する形です。
抵抗線の上値を更新していくかどうかが、フラッグ型での注目点となります。
チャートの陽線がだんだんと短くなると、これまでのトレンドが反対方向に変わる前兆だとも言われています。
為替の相場は、チャートの形状を様々な角度から分析することによってわかったりもします。
チャートを読み、取引を重ねることを繰り返すことによって、正しく状況が読めるようになります。
チャートから為替の動きが読みとれるようになるには、これからも色々な形でチャートを使っていくことが大事です。

為替の推移予測の注意点

為替の推移をなるべく正しく予測することは、FX取引で成功するために大事なことです。
相場はある日急に動き出すことがあります。
チャンスではありますが、初心者にとっては要注意です。
急激な為替の変動といえば台風や地震のような自然災害もありますが、こればかりは事前に予想できるものとはいえません。
どれだけ為替について知ったとしても、自然的な出来事が発生するタイミングを読むことは不可能ですから、どうしてもわからない部分は出ます。
大幅に為替レートが動くと、とかく初心者は動揺しがちです。
場の勢いに呑まれてしまい、普段はしないような取引をしてしまったという人もいます。
FXの取引を成功させるには、為替の変動状況に目を光らせつつ、危険性を日ごろから考えておくことです。
得を出すことよりも、損を出さないことの方が重要なのです。
ストップロスの操作をしていなかったために、気づくと損が大きくなりすぎて、手持ちの資産が大幅に目減りしてしまったという人もいます。
1度の失敗のために、リカバリーがきかくなることもあるといいます。
為替がどのように推移しても対応できるよう、リスクに対する備えをしておくことが重要です。
FXをするようになって長いという人でも、予想できないような為替の変動にほんろうされることがあります。
想定外の方向に為替が推移しても、慌てずに対処することが必要です。

円ドル為替の戦前までの歴史について

FXをする人が多くなり、円ドルの売買が盛んに行われています。
円ドルにはどんな歴史があるでしょう。
円ドルの歴史が始まったのは、19世紀末です。
1871年に円が使われるようになり、1ドル=1円で取引されていました。
しかし西南戦争が1877年に起き、その戦争費用を賄うために兌換紙幣が大量発行されてインフレになり、1ドル=1円という相場が崩れはじめました。
日清戦争の賠償金で英ポンドを得たことが、日本が本格的な金本位制に移る契機になりました。
1944年のことで、英ポンドを日本円にするために、金に交換するプロセスを得るためです。
この頃の為替相場は1ドル=2円強で、金本位制は1897年から1917年まで続きました。
ヨーロッパに変わって日本が輸出国として伸びてきたのは、第一次世界大戦中です。
経常収支が黒字化し、日本円がドルに対して強くなったことで、1ドルは2円以下になりました。
第一次世界大戦終了後には、日本にも不景気の波が襲いかかってきます。
その後、1923年に関東大震災が発生し、その影響で為替相場は大幅に下落した結果、1ドルが2円63銭になりました。
円の大暴落を受けて、金本位制に戻すことによって経済情勢の立てなおしをはかろうという意見が出ました。
結果的には、円安状態の中で旧平価と同等の水準で金を解禁するという措置を、内閣はとりました。
結果的に企業が続々と倒産し、収入が悪化し、昭和恐慌が起きることになりました。
軍部の発言権が強まるきっかけにもなっています。
歴史的な国家間の動きや、経済の動きが円ドルと密接に関わっていることがわかるでしょう。

戦後の円ドル為替の相場

他国との関係性や、日本国内の好不況の変化によって、円ドル為替は常に変わっています。
第二次世界大戦から今までの円ドルはどういった歴史をたどっているのでしょう。
関東大震災によって日本経済が打撃を受けている中で、当時の内閣は金の解禁を行いました。
旧平価に近い状態で解禁したため、物価がどんどん切り下げられていきました。
このことは企業の収益悪化や倒産、失業者の増加を招く原因となり、昭和恐慌の原因にもなりました。
そして、軍が政治に口出しをするきっかけになってしまいました。
英ポンドが1931年に金本位制から離脱したことに続き、日本も金本位制をやめました。
以後円ドルは円安に動き、物の価格が急速に上がっていきました。
1ドル5円で推移していたのは1932年の時点でしたが、第二次大戦が終戦を迎えてからは1ドル15円に到達しました。
1947年3月には1ドルは50円、1948年7月には1ドルは270円と、どんどんインフレが進み、円安になりました。
司令部から日本政府に通達された内容によれば、1949年には円ドルは360円になりました。
1973年に多くの国の貨幣が変動相場制度へとなりましたが、これはベトナム戦争によってアメリカの景気が悪くなったことが関係しています。
以後、オイルショック、イラン・イラク戦争など様々な世界情勢の変化もあってドル安はストップし、1978年に1ドル=176円だったものが276円にまで上がりました。
実需原則がある頃は変動相場制を利用した為替差益は得られませんでしたが、1984年に撤廃されました。
1ドル当たりの戦後最安値はしばらく1995年の79円75銭でしたが、2011年に東日本大震災があり、1ドルの為替レートは76円25銭となり、その後75円32銭へと推移しています。
日本円を取り巻く外貨の動きを知るためには、円ドルを始めとする為替の歴史を知ることも必要です。

円とドルの為替取引

外国為替証拠金取引、略称FXという為替運用を使って、為替の差益を上げて利益を出そうという人が増加しています。
為替差益を得るために、手持ちの日本円をドルやユーロといった外貨に変えるとという方法です。
FXの特徴的なところはレバレッジが利用できるところであり、実質的に自己資金の何倍もの取引を行うことが可能です。
外貨の金利差を利用したスワップポイントが入ることも、見逃せない点です。
各国金利は通貨によって決まっており、日本円より高金利通貨なら、それがスワップになります。
土日以外は24時間いつでも、外国為替の取引は行われています。
24時間、どのタイミングでも世界のマーケットはどこかが開いており、為替取引をすることができます。
FXをする時には判断を人任せにせず、自分で考えることができるようにすることです。
円高、円安という言葉の意味くらいは知っておくと役に立つでしょう。
外国通貨に対する円の価値が高まることが円高です。
1ドル120円だった円が100円になったら、円高でしょうか、円安でしょうか。
例えば、1ドル=120円ならば、120円を出すことで1ドルの商品を購入することができます。
1ドル=100円なら、1ドルの商品を買うためには100円があれば買えることになります。
円高は1ドル=100円の方です。
その方が円の価値が高くなっているからです。
為替に関係する知識も重要ですが、FXをする時にには世界の貿易や政治動静、外貨の流れなどに関心を持つようにしましよう。
FXで着実に利益を上げるためには、円ドルを始めとする為替の変動をまめにチェックし、重要な情報を見逃さないことが大事です。

サイトメニュー



Copyright (C) 2018 為替の見通し方法の種類や気をつけておくべきこと All Rights Reserved.
↑先頭へ